スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.05.22 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    プロジェクターとスクリーンを買った。

    0


      2013年の年末から2014年の新年にかけて長い目の連休があった。僕はあまり外に出ないタイプってこともあって、お正月は映画を見ようと思いプロジェクターとスクリーンを買ってガシガシ見ていた。購入してから1カ月くらい経過して、生活も落ち着いてきたので簡単な感想とかあげとく。


      プロジェクター:EPSONのEH-TW5200S
      http://www.epson.jp/products/dreamio/ehtw5200/

      最初は部屋も狭いので投射距離の短いタイプの製品を買おうと思っていた。BENQのW1080STなんかは投射距離が短くてエントリー用のモデルとして良さそうだし、第一候補だった。ただ、プロジェクターってレンズの交換とか、何かとメンテナンスが必要な場面も出てくるので、国内のメーカーの方がサポートとか簡単かなーということで今回はこの製品にした。ちなみに購入してから一度気になった点があったので電話でサポートに問い合わせたが、サポートの女性は親切に対応してくれた。

      このモデルはやっぱりエントリーモデルって感じだけど、設置性の良さとか、持ち運びやすさとか、その辺のできはとても良いと思う。普通の家の中に置いてあってもうるさくないデザインも良い。画質とかは正直あまりわからないけど、きれいに映っててなんの問題もないんじゃないかって思う。

      EH-TW5200がプロジェクターの型番で、末尾にSがついているこのモデルは80インチのスクリーン付きになる。メインのスクリーンとしては120インチのものを購入したけど、取り回しが大変なので、120インチはリビングへ常設して、80インチは自分の部屋で普段使ったり、友達の家なんかで何かの鑑賞会をしたりするのにも使えるかなと思って最初からスクリーン2枚体制にした。2枚もいらないだろとか家族に言われたりもしたけど、購入して1カ月ちょっと経つけど、2枚体制にしたのは正解だったなと感じてます。

      スクリーン:シアターハウス TPW266HD
      http://theaterhouse.co.jp/products/TPW2660HD.html



      シアターハウスのタペストリー型スクリーンで120インチのものにした。このお店はネットで商品を売ることをちゃんと考えてる感じのサイトで、ページもわかりやすいし、良さそうなのでここで買った。

      スクリーン自体はの幅がが276cmで高さが157cm。映写部はもう少し小さくなって幅が266cmで高さが150cmとなる。視聴距離は250cm〜350cmくらいから見ているのでかなり大きく映写され、迫力がある。とりあえずプロジェクターが手元に届いた際は和室のふすまに映してみたり、白い壁紙の壁に映したりしてみたりしたが、画質が全然違う。個人的にはテレビだと映像がギラギラした感じになるのが個人的に苦手なんだけど、その辺りが気にならない落ち着いた映りで映像を見ていて疲れにくくなったと思う。



      壁の周りにある木枠に100均で買ったヒートンを付けて、ホームセンターで測り売りしてくれる鎖で吊った。



      鎖の先端はやはり100均で買ったS字フック。



      自分の背後にカウンターがあるので、その上に棚を置いてプロジェクターを設置。



      プロジェクターのアップ。天吊りモードというか、さかさまに置いてます。青いラインは普通の腰に巻くベルトを何となく巻いてる。あと、高さの調整にカラーボックスの棚板を敷いたりしてる。

      プロジェクターに付属していた80インチのスクリーン



      幅が183cmで高さが106cm。これでも十分大きい。

      スタンドの設置は簡単で、スタンドにスクリーンを取り付けるのも簡単。スクリーンを取り付けるためのスタンドも軽いが、しっかりしていて便利。全体的に手軽なのが良い。また、簡易的ではあるが持ち運び用のキャリーケースも付いていて使いやすい。元々EH-TW5200自体が持ち運びやすくなっていて、重さも2.8kgと軽いのでどこかへ持っていって使用する事を考えて作られていると思う。

      120インチは設置場所も選ぶし、横幅がかなりあるので普通の家だと運ぶのにも労力がいる。対して80インチは畳んでさえしまえば一人で持ち運べるし、スクリーンを立てるためのスタンドも設置が簡単なので、やろうと思えばどこでも使える。中々に良いできだと思う。

      うちのリビングは自分以外の家族が普段生活してる場所なので、電動式でもないこのスクリーンを日常的に吊るしたままにするのは難しい。でもスクリーンを使ってちょっと何かを見たいとか言った時に持ち運べるサイズのスクリーンがあるととても便利だなーと思った。

      もちろん、専用のシアタールームを作るとかできる環境がいい人は最初からきちんとした場所に常設して、上手く切り替えながら使うのが良いよね。うらやましい。

      使ってみた感想

      今までTVではそこに写っている画面を「見ている」だったけど、見るから「体験する」に近くなる。去年の5月に55インチのTVを買って画面の大きさに喜んでいたが、それでもコンテンツを「見て」いた。でも、プロジェクターでスクリーンに大きく映すと違う。例えばちょうど良いサイズで映っている人間は等身大になることがある。今までは見ていただけのものが、そこに人がいるような感覚が得られる。3Dで見た場合はもっとすごくて、そこに自分も居合せているいるような感覚に陥る。TVも3D対応していたので、いくつか対応するコンテンツを購入してみたりしてたけど、同じものをスクリーンで見た時の迫力と興奮度合いは段違いだった。

      ちなみに3Dコンテンツはこの2枚を持ってたので見てみた。



      個人的にこういうのはすごく好き。

      IMAX: Under the Sea 3D&2Dブルーレイ [Blu-ray]

      IMAX: Space Station 3D -スペース・ステーション- (3DBD) [Blu-ray]

      Under the Seaは自分が水の中にいるような感じがするし、自分の手の届く距離に魚が飛び出してきたりしてすごい。Space Stationは自分が宇宙ステーションの中にいるように感じる。目の前で本当に人が浮いてるように見えるし、ステーションの中で良くある水を浮かせてパクッと食べちゃうシーンなんかは味わったことのない体験。街歩きの番組で3D対応してたら旅行行かなくて良いレベルだと思う。

      3Dだけでなく、2Dで映画だのアニメだの見たり、レースゲームとか普段興味ないくせに買ってみてやったりしたけど、超楽しい。なんで今まで買わなかったんだろうって思うほどすごい。映像が大きくなるメリットはYouTubeだろうが、DVDだろうがBlu-rayだろうが関係なく楽しめる。

      単純に大きい、視界が映し出されている画面だけになるってことがとても良い。風景とかホント良い。世界遺産とか好きな人はそれだけでも大画面で見る価値あるよ。あと、ライブや映画を見てる時にスクリーンの中の人が等身大になるメリットが大きい。ももクロなんてLVしか見たことないから、自宅でライブ映像見られるなんてとても良い。



      ももクロが家でライブをしてくれる感じです。

      設置

      部屋の大きさでスクリーンのサイズと投射する距離や設置場所を決める。ちゃんと調べて買わないとこんなはずじゃなかったってなるポイントだから真剣に確認しといた方が良い。スクリーンのサイズは大きければ大きいほど良いとは思うんだけど、試聴する距離も考えるとただ大きければいいってもんでもない。個人的には一辺の壁面が覆い尽くされるか、サイドにスピーカーを設置出来るくらいのスペースで楽に見られる距離を確保できる感じでの設置が良いと思う。

      一時的にリビングに設置場所が確保出来るまでは自分の部屋に120インチを設置し、視聴距離が250cmから映画やアニメなどを見てたんだけど、正直画面が近すぎる。体感的には100インチくらいの画面を250cmの視聴距離なんかで見ると見やすく、120インチなら350cmくらいがいいかなーと個人的には思った。



      ちょうど椅子に座ると2.5mというところ。

      最適な視聴距離は人によって変わるので、僕がこのくらいだと良いという個人の感想です。ご参考までに・・・。購入する前に何らかの方法で体験するか、自分なりにしっかりとしたシュミレーションを行うのが良いと思う。

      ある程度の設置場所は事前の情報で数値で計算してどこに設置するかとシュミレーションはしたけど、実際の設置はトライアンドエラーでここが快適だなって場所を見つけながら設置する方が個人的にはやりやすかった。

      ちなみにスクリーンの設置に関しては120インチくらいだと自分以外にもう一人くらいはいないと厳しいと思う。

      サラウンドシステムが欲しくなった

      うちにはきちんとしたオーディオシステムはないので、きちんとしたサラウンド効果を楽しめていない。とりあえずはTVを購入した時のSONYのHT-CT260を使っていて、サラウンド効果はあるとしてもスピーカーを自分の周囲に配置した本当のサラウンドとは違うかなーと思う。あと、しばらく昔にハードオフで買ってきた3000円のLDのコンポについてたアンプが5.1ch対応っぽいからその辺に転がってるジャンクスピーカーつないだりもしたんだけど、ポンコツ感あるし本物って感じではない。ブルーレイだと7.1chに対応しているようなので、対応している機器を購入して、さらなる体験の向上を体感したい。

      まとめ

      お手軽にホームシアターに入門出来る感じで良かった。映画は見るには見てたけど、あまり積極的に見るタイプではなかった。でもスクリーンに映した迫力のあるきれいな画面で見るかと思うと週末に何かの映画をみるのがとても楽しみになった。欲しいなーと思ってから色々な言い訳を付けて機材を買ってなかったけど、楽しすぎたのでもっと早く買えば良かった。

      今回買ったものの合計だと15万も使っていないので、僕のような庶民でも十分にホームシアターを楽しめます。個人的には100万200万くらいかけなければホームシアターなんて作れないと思ってたんだけど、技術の進歩により簡単に出来るようになって嬉しい。今はまだ設備や機材が洗練されていないので、今後はもっと設備の充実させて、快適なホームシアターライフを送りたいなー。

      あと、ひとりでじっくり見るのも楽しいですが、何人かでお茶でも飲みながら映画とか見れたら最高ですね。お友達の皆さんは是非遊びに来てね。

       

      iPadAirを買った

      0
        ■待ちに待ったiPadAirを買った!



        発売日の11月1日のお昼前くらいにAppleStoreで購入。iPad3は見送っていたので今回は買うこと、容量や回線はどうするか決まっていたので、色だけちょっと考えました。元々シルバーを買うつもりでしたが、実際にちょっと触ってみて色が気に入ったのでスペースグレイにすることにしました。iPhone5sはスペースグレイではなくゴールドにしたわけですが、背面がスペースグレイ単色なのは渋くて格好良いです。店員さんが忙しそうで話しかけるまで数分待ちましたが、誰かつかまえた後はすぐに持ち帰れました。


        スペースグレイの背面の色は美しいです。iPhone5sもブラックとグレイの2色じゃなかったらスペースグレイの方が良かったなー。


        ■どれを買ったか

        今回もいつもと変わらず容量は16GBのWi-Fiモデル。僕個人としてはiPad2からの機種変更的な位置づけで、iPad3の時は購入を見送りました。初代、iPad2と16GBのWi-Fiで使えてたので今回もその流れで容量を増やさず、回線もつけていないです。今まではE-MobileのWi-Fiルーターを持ち歩いていましたが、iPhone5sにテザリングオプションを付けたのでそんなに活躍することはないかもしれない。まあ、そもそも外でiPadを使うこと自体まれなのであまり問題になることではないです。

        ■iPad mini Retinaディスプレイモデルにはしないのか

        7インチクラスのタブレットとしてはKindle Fire HDとNexus7が家にありますが、軽いし手軽で便利。iPad miniを使ってる友達もいるので、ある程度長時間触らせてもらったりもしたことあるんですが、軽いしサクサク動くので最高でした。そして気になっていた解像度が改善されたRetinaディスプレイモデルが今月中に発売される予定だとか聞いちゃうとテンション上がったりもして、どうしようかなと迷ってしまった時もありました。ただ、自分はそんなに外に持ち歩くわけではないので膝の上にiPadを乗っけたり、テーブルや机のうえで使ったり、枕元ではベッドのフレームに立てかけて使うことが多いし、大は小を兼ねると思いつつ画面の大きいiPadAirを選択。

        ■開封、そしてご対面

        いつものごとく開封の儀を堪能してすぐに復元。データ量によるでしょうが、復元やアップデートなんかで使えるようになるまで1時間弱くらいだったかな。新規購入の人なんかはもっと早いでしょうか。Retinaディスプレイが綺麗なのは知ってたし、店頭でも使ってみたわけですが、いざ自分の持ち物となって今まで使ってたデータだとか電子書籍なんかを見てみると感動するレベルで綺麗!スペックでは言い表せない綺麗さというか、デジタルのデータを見てる感覚が薄くなって、内容に集中できる感じ。電子書籍だとか、WEBブラウズしている時にiPad2だと文字がギザギザしてることが気になって、読むのを中断したりとかすることがたまにあったんですが、今後はなさそう。ただ、この点はiPad3にすれば改善されたわけですが、iPad2より重量が増えたというネックがあった。その点をiPadAirは大幅に改良してきたわけで、単純にスペックアップしただけではない素晴らしさがありますね。

        ■動作・使用感

        iPad2やiPhone4sでのiOS7はアニメーションがゆっくりになっただけでなく、少し力不足なのかーと感じるようなもっさり動作をしている時があったんですが、iPadAirは最新のA7チップを使用していることもあり、動作が軽快でサクサクなので言うことなしです。iPhone、iPadどちらにも言えることなんですが、iOS7がサクサク動くと気持ち良いし使いやすい。iOS7自体はちょっと前から使っているので違和感なく使えて、速くなったと。この辺を体験として良い思いをさせてくれるところが好きですね。フラットデザインも慣れてきたのでまあいいですが、公式以外のAppで従来のままのアイコンだとホーム画面が美しくないのは問題だとは思ってますが、フォルダに入れるなどしてしばらくは対応するしかなさそう。

        ■軽くなったことのメリットは大きい

        iPad3(4もだけど)の弱点は重さと厚さです。そこを改善し、今回Airの名前を冠したiPadは最強なんじゃないか。みんな思っている以上にやばい。画面が大きくて、解像度も高くて綺麗で、お手軽ってすごいことです。僕は男性の中では非力な部類に入ると思ってはいますが、片手での使用も可能です。とはいえ、それなりの時間には限られますが、疲れた時に膝なり机に置いて使えば回復するわけで、片手で持っていられる時間が増えたってことです。ある意味iPad miniの良さを打ち消して競合する製品になっちゃったんじゃないかな。

        ■ケースはつけるか

        ケースはどうしようか迷ったのですが、せっかく薄くて軽いのでケースを付けずに使用してみてます。iPhoneを落としてガラスがひびだらけになった経験持ちとしてはケースやカバーは重要なんですが、スペースグレイの渋い光沢をずっと眺めていたい。元々Appleの製品にカバーつけちゃうのは嫌いだったので原点回帰とも言えますね。


        ■まとめ

        買って良かった。値段は今までより上がってますが、タブレット端末に求めるものがかなり高いレベルで実現されている製品。iPad2からであれば、良いことしかないのでほめちぎった感じにはなってますが、実際そうだからしょうがないです。

        Apple iPadAir
         

        レイ・アウト iPhone 5/5S用 ディズニー・フラップタイプレザージャケット RT-DP5Bを買った

        0
          iPhone5sを買って、僕だけでなく、みんなケースが欲しいと思います。とりあえず、今回買ったケースを紹介しときます。その前に以前使っていたケースについて簡単に。iPhone4sではこのケースを使っていた。

          レイ・アウト iPhone4/4S用フラップタイプレザージャケット/ブラック RT-P4LC1/B

          11/10現在ではAmazonだと公式より安い感じ。

          使っていた理由
          ・バスカードを入れるポケットがある
          ・落としても壊れなさそうなそれなりの防御力がありそう
          ・おっさんが持っててもまあありなデザイン

          個人的に重要なポイントはカードを入れるポケットと防御力です。美しさは犠牲にしてでも守らなきゃいけないものもあるのです。

          ■ポケットが付いていることがMust
          パスケースとか持ったことあるけど、だらしないしガサツなのですぐどっかに置いちゃって朝にバタバタすることがあるので、使うのをやめました。その流れで財布にバスカードを入れるようにしていたけど、平日にはあまりお金を使わないので財布を持たないこともある。営業系の仕事じゃなくなったら名刺交換とかもしないし、名刺入れも使わなくなった。そんな僕ですが、iPhoneだけは何があっても持ってでかけるので、iPhoneケースにカードを入れるポケットが付いているのは重要なのです。

          防御力について僕がこだわる理由としてはiPhoneを落として割っちゃった以前の記事をどうぞ。

          ■RT-DP5Bは要件が満たせるそれなりのケース
          もうそれだけです。ポケットも付いてるし、革っぽい素材なんですが、ちょっとふっくらしてる。防御力も以前のケースよりは高まった感じ。ディズニーキャラではドナルドが好きだし、ももクロでは今はいませんが青担当の早見さんが好きなので色的にも良し。そしてでかでかとキャラ絵が入っているわけでもなく、職場で上司などに見られても平気なデザイン。

          ■感想
          良いけど、不便な点もあった。

          ・ケースを開いている状態でイヤフォンをとりけるとケースを閉じられない。

          ケースをやや閉じ気味でイヤフォンを挿せばいいのですが、意外と歩いてる最中とかにつけようとするとその微妙な調整が面倒で逆方向に折りたたんだ状態でポケットに突っ込んだりしています。

          ・ケースの開閉をしないと中のカードが取り出せない。

          これはメリットもデメリットも共存する感じですが、バスが混んでたり、傘だの他の手荷物があるような時は片手で取り出しにくいです。メリットとしては内側のポケットにカードを入れるので、外側にポケットがある場合よりはカードを落としたりして紛失する可能性が低くなります。

          ■とはいえ
          ケースはiPhoneを買ってすぐにないと困るので駆け足で決めた感じはあるものの、全体的には要件を満たしてて、満足はしています。今回は着せ替え的にいくつかケース欲しいなとは思っているので、今後も何かかったらお知らせしますね。

          こちらも公式だと2980円なのでAmazonの方が安く出てるみたいです。

           

          iPhone5sをsoftbankオンラインショップで買った

          0
            今更ですが、最近友達がiPhone5sに機種変更したのを見届けたので、自分が変えた時のことも書いておこうと思いました。ちゃんとメモしてないことがあったので、ちょっと曖昧な部分があります。自分のメモ的な要素が強いです。

            ■買った

            買ったのはiPhone5s、ゴールド、16GB。キャリアはsoftbankのまま機種変更。



            ■softbankオンラインショップで買った

            なんかゴールドは在庫薄そうだったのと、当日仕事だから並んだりもできなかった。その辺もあって、オンラインで予約して買うことに。予約開始が9/20の8時からということで、通勤中のバスの中でiPhoneから予約。予約完了したのが8時1分だった。予約完了のメールが来なくて不安だった。次の日になって、迷惑メールの設定によって届かないことがあるとかオンラインショップだか、予約確認のページで告知されてて慌てて設定を変更したけど、予約完了みたいなメールは受け取れなかった。

            その後、本申し込み用のサイトをチェックして登録できるタイミングで申し込みの本登録をした。これが9/23で、同じタイミングで予約した友達なんかは19時半くらいから本登録できてたんだけど、都合があって、22時過ぎてから本登録を開始。最初iPhoneで作業してたけど、safariだとうまくいかないページがあったので、PCから登録。その後オンラインショップから、お申込受付のご連絡のメールが届く。お届け予定日は9/26。同じ日のもっと早い時間に本登録した友達は25日に届いてたはず。出荷完了の連絡が9/25の午後に届いて、次の日にちゃんと届いていた。梱包にはお父さんタオル的なものも入ってました。


            ■時系列で並べる

            9/20 08:01 softbankオンラインショップでの予約完了
            9/23 22:00 本登録サイトで登録作業開始(今後はPCでやった方が良さそう)
            9/23 22:51 本登録完了のメール受信
            9/25 15:17 発送完了通知のメール受信
            9/26 多分午前中 届いた

            ■初期設定など

            新しく届いたiPhone5sにsimカードを挿す。simを挿しこむスロットの開け方がわからなくて5分くらい時間かかった。ぐぐって開きました。スロットを開ける金具をちょっと深く奥まで挿しこむのに勇気がいりますが、強く押しこむとスロットが開きます。その後初期設定だけして、普通のホーム画面が出たらPCにつないで復元。正確に覚えてないけど結構時間かかった。


            ■設定完了・使用開始

            設定が終わって自分のiPhoneになった。やったね。iPhone4sを契約したのは11月くらいだったので割賦の残債が3800円くらいかかったけど、すぐ欲しかったので良し。動作は軽快、生活圏内は大体4G回線の範囲内だから、Wi-Fi環境がない場所での使用が体感でわかるレベルで改善された。回線も、本体の操作も速い。快適。嬉しい。


            ■手の小さい人?

            身長もあまりないので、手や足のサイズが小さいような気がしていますが、他の人とあまり比べないからなんとも言えないところもあるけど一応。僕の手首から一番長い指の先(手のひらのサイズ?)までは17cmくらいで一番長いのは薬指。指の先からつけ根の部分までは7cmくらい。親指とつけ根は5cmってところ。iPhone4sからだとディスプレイのサイズが長くなっているので使用する時不便じゃないか気になっていた。実際には慣れてみると片手での操作は可能で、つかみ方とかコツはあるけど、慣れでなんとかなるレベルだった。もっと手の小さい人はどうなのかわかりませんが、参考までに。


            ■テザリング

            テザリングオプションももちろん付けた。外でiPadやMacBookAirをつないでみたりしたけど、便利。ただ、バッテリー消費は増えるから電源のあるカフェやファーストフード店とか、そういったところで充電しつつ使うのが良いかな。基本家と職場の往復生活なので、制限行くレベルでの使用はなさそう。


            ■まとめ

            メールが届かなかったくだりがなければ、入手まではスムーズだった。今後はメールの設定に注意と、予約、本登録などの処理はなるべく早く済ませると手元に届くのが早い。登録さえしてしまえば待ってれば家に届くので発売日に欲しい人以外は実用的じゃないかな。ただ、発売日にシステム障害とか何か起っちゃう可能性はゼロではないからリスクも踏まえつつ利用しましょう。個人的には発売日は仕事休みにしてAppleStoreの店員さんとハイタッチしたり、スタバのコーヒーを飲んだりしたいですが、そんな毎回休めないのが辛いところですね・・・。

            仙台のコミュニティサイクルDATEBIKEに乗ってみた

            0


              この間仙台にDATEBIKEというサービスがあるのが気がつきました。職場が県庁のあたりなので、自転車が並んで置いてあるの見てふと「これ使えんのかな?」と気になったので使ってみたよ。

              ■感想

              とても良い。若いころは自転車を使っていたけど、大人になってからはあまり使っていなかった。

              その理由。

              ・職場に駐輪場がないと有料の駐輪場を使わないといけない
              ・駐輪場に自転車を停めていないと撤去されるリスクがある
              ・駐輪場で上段に停車する時にフレームとか汚れてると手が汚れる
              ・普段使っている駐輪場が満車だとどうして良いかわからなくなる
              ・街中を複数行き来しようとすると毎回色々な駐輪場に停めるのが大変
              ・坂道を登る根性と気合が足りない

              基本的に駐輪場の使用は不便なことが多く、自分のライフスタイルには合わない。ということで、学生時代以降、自転車は僕の生活にはほとんど縁がなかった。しかし、DATEBIKEは便利で自転車を使わなかった理由をなくしてくれる良い点がいくつかある。

              その理由。

              ・1回の利用が100円からとわかりやすい
              ・指定ポートへ借りたり返したりするのが簡単
              ・スマートフォンで簡単に予約できる
              ・駐輪場に停めずに自転車を使える
              ・ポートは平面に設置されているので停車が楽
              ・自転車の整備や保管をしなくて良い(盗難などのリスクが減る)
              ・電動アシスト、速度計などが付いている

              ということで、かなり便利。

              料金は月額定額のサービスもあるので、頻繁に使う人は定額の方がお得です。詳細は公式ページを見てね。

              自分なりに登録から、乗って返すまでの流れもさらっと書いておきます。

              ■登録
              公式ページから必要情報を登録。支払方法はクレジットカードのみなので、カードがない人は使えない。登録はiPhoneからやったけど、5分くらいでできたよ。

              ■借り方
              自分の使いたいポートを指定すると、そのポートにある自転車の番号が表示される。その自転車を選んで選択すると解除コードがメールで送られる。ポートまで行ったら予約した自転車に解除コード入力すると鍵が外れる。

              また、自転車が他の人に予約されていなければ、直接ポートに行ってから、目の前の自転車番号を予約してそのまま乗ることもできる。

              ちなみに、予約をした場合は30分以内にその自転車を使わないと、自動的に予約キャンセルされる。




              予約をするとこんな感じのメールが届きます。

              ■乗る
              好きなところに行く。ポートからポートへ移動しても良いし、とりあえずその辺に停めても鍵を閉めれば解除できるのはコードを知っている自分だけだ。ただし、その辺に停めたら撤去されたりはするので気をつけてね。

              一時的にポートに停車することもできるので、買い物の際なんかも小回りが利いて良い。

              ■返す
              自分の用事が済んだり、行きたいところに移動し終わったあとはDATEBIKEのポートならどこに返しても良い。ポートに着いたらそこで鍵を閉めれば終わり。返却確認のメールが届く。便利。

              こういうサービスはだいぶ昔からあれば良いなと思っていたので、実現されてうれしいです。今のところ期間限定で、2015年の3月までで終了のようですが、ガンガン使って人気がでればポートが増えるでしょうし、Docomoもやっぱやめないってなったりするかも?ですね。

              気になった方は是非利用してみてください!

              << | 2/29PAGES | >>

              search this site.

              calendar

              S M T W T F S
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << August 2017 >>

              Twitter

              ad

              selected entries

              categories

              recent comment

              recommend

              スティーブ・ジョブズ I
              スティーブ・ジョブズ I (JUGEMレビュー »)
              ウォルター・アイザックソン

              recommend

              スティーブ・ジョブズ II
              スティーブ・ジョブズ II (JUGEMレビュー »)
              ウォルター・アイザックソン

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              recommend

              archives

              links

              profile

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM

              PR